フィンランドがHHC製品の販売を禁止、スウェーデンも禁止化へ

ヨーロッパの北欧諸国では、麻由来の精神活性化合物(ヘキサヒドロカンナビノール(HHC)含む)の販売を停止する動きが見られています。フィンランド医薬品庁の上級検査官Katja Pihlainenによると、HHC製品はヨーロッパ全土に溢れ、フィンランドへも流入しているようです。

彼女によると、フィンランドでは最近、HHCを精神作用物質として分類し、消費者市場での販売を禁止しており、スウェーデンもそれに続いて、この化合物を禁止する計画を立てているそうです。

フィンランドの新聞Yleによると、Pihlainen氏は、欧州麻薬・薬物中毒監視センター(EMCDDA)と加盟国の機関は、欧州市場でのHHC製品の増加を懸念していると指摘。そのため、各政府は対策を講じるよう指示を出しています。

この騒動の一部は、気化した”新しい”化合物の危険性に関するもので、単に化合物を食べるのとは異なる効果を引き起こすこともあると報告されています。

フィンランド政府はすでにその危険性を認知し、規制の動きを進めています。Pihlainenは気化した化合物について、「燃やしたり気化させたりすることで、より有害になる可能性がある。それが身体にどのような影響を与えるかはわからない」と述べています。

またPihlainenは、HHCが米国が普及した理由について、2018年の農業法案でTHCを0.3%まで含む産業用ヘンプが合法化された後、法律がデルタ8やHHCなどのヘンプ由来の精神活性カンナビノイドを明確に扱っていなかったからだと付け加えました。

フィンランドは国全体となって、この問題に率先して取り組んでいます。「HHCを薬物として禁止したいのなら、すべての国が個別に対処しなければならない。あるいは、単に規制したい場合でも、何か他の方法で対策を講じ始めるべきだ」と、PihlainenはYleのインタビューで答えました。

EMCDDAは、HHCのような麻由来の化合物をターゲットにしている理由を次のように説明しています。

「HHCは、THCや大麻に代わる “合法的 “なものとして、公然と販売されており、その中には”脱法ドラッグ”として販売されているものもあります。これらの製品には、まるで”本物の”大麻のような見た目と香りを持つ、HHCを散布または混合した麻や、ベイプ、エディブルなどがあります。」

現在フィンランドでは、大麻やハシシを含む薬物の販売や所持が厳しく禁じられています。「ハシシを含む薬物を所持している者は、逮捕され、国外追放または投獄される危険性がある 」と、政府は述べています。

こうした規制は他の北欧諸国でも顕著になることが予想されます。Pihlainenによると、スウェーデンもHHCを禁止するための手続きを開始したようです。

関連記事

  1. 4月20日:ニューヨーク州知事、マリファナ合法購入を支持するキャンペーンを開始

  2. アメリカの州の一つが大麻事業に対する税控除の法案を提出

  3. コロラド州:大麻産業に従事する労働者の3分の1を解雇か

  4. ラッパーD.Oコラボリキッド販売記念ポップアップ 「Super 9SARI CAFE by D.O & Dice」が新宿 9SARI CAFE & BARで開催